大まかに分けて塾には補習塾と進学塾の2種類があります。
進学塾は志望校に合格したい受験生を対象に行います。
そして、補習塾は授業の内容を復習したり、内申点を良くするなど学校での成績を上げることを目的としています。
進学塾の方が年収が高いと思われがちですが、年収に差はあまりありません。
ちなみに補習塾で働く塾講師の年収は平均して300万円~400万円くらいです。
塾講師全体の平均年収が391万円で毎月の給料は27万から30万くらいとなっています。

それぞれの塾講師の年収を比べてもあまり差はありません。
塾で教える相手の違いはあっても業務内容は変わらないため、給料もほぼ同じくらいです。
大手企業や中小企業など会社の規模のよって年収に違いは生まれてくるかもしれません。
ボーナスの額は20代前半でおよそ38万円、30代前半で57万円ほどです。
ボーナスも補習塾や進学塾など塾の種類によって差もありません。

補習塾で年収を上げるためには生徒の成績を上げることが大切です。
生徒に信頼され、保護者からの信用も厚いと出世に繋がります。その点は進学塾と変わりません。
また、ボーナスの額は年功序列で上がることが多く、長く働くことも年収アップの近道です。
そのためにも福利厚生や職場の環境などが整っている会社を選びたいですね。