塾講師の年収は塾の規模や給与体系により異なりますが、初年度の給与は月給20万円〜25万円となっています。
大手の場合は年2回のボーナスを含めると年収約350万円という高めの相場になりますが、中小でボーナスがないところで年収250万円〜300万円と塾の規模により大きな違いが出てきます。

大手の塾講師の場合は給与の上がり方は安定していますが、中小の場合は昇級ペースがなだらかなのが特徴です。
中小で年収をアップさせるには、塾内で多くの授業を任せてもらえる人気講師になることが大事です。
塾講師は契約社員やアルバイトが中心の傾向があり、キャリアアップして責任のあるポストにつくことでも年収アップすることが可能になります。講師として活躍しているのは20代〜30代までが多く、その後は教室長などの管理職を任されるのが一般的で役職手当がつくことで年収アップにも繋がります。

大手も中小企業でも共通して言えるのは、年齢に関係なく人気の講師として活躍することでダイレクトに給与に反映されるということです。そのため人気講師を目指して塾講師の仕事に就くといったケースも珍しくない職業になります。
年収アップを期待するなら、キャリアを積んで有名な講師になることが大事です。