正社員として大手の塾講師に勤めた場合のメリットは安定的な年収アップが期待できることです。
初年度の月給は20万円から25万円程度となっていて、ボーナスの支給もプラスすることで初年度の年収は350万円程度となるでしょう。
そこから安定的に年収が上昇していきます。
大きな年収アップが見込めるのは30代以降です。
30代以降は役職が与えられるケースが多く、役職手当が得られます。
本部長クラスになれば1000万円を超える年収を期待できるでしょう。

中小の塾講師でも初任給は大手と変わらず、20万円から25万円程度が得られます。
大手と違う部分はボーナスの支給がないところが多いことでしょう。
ボーナス分のプラスがないことで初年度の年収は約250万円から300万円が相場となります。
昇給ペースが遅くなっているのも中小の塾講師の特徴ですが、大きな年収がないわけではありません。
例えば生徒数を増やすという功績を上げれば役職を与えられる可能性があります。
生徒数を増やし続けられれば高額な年収も狙えるでしょう。

非常勤講師やアルバイトとして塾講師の仕事を行っている人は時給制で給料が支払われるケースが多いです。
時給制になっているため、多く授業を行うことが年収アップに繋がります。
1つの塾での授業数が少ない場合は他の塾と掛け持ちするのも年収アップの方法となるでしょう。