自分の学識を活用して塾講師として活躍することを考えている方もいるでしょう。
仕事に就くには、求人サイトなどから情報を得ながら職場探しができますが、平均年収はどのくらいか?を知りたいものです。
塾講師は一般的に初任給がほかの職種と比べて高めの設定となっていて、月給が約20万円から25万円くらいまでの間となっていることが多いようです。
これに年に2回のボーナスの支給を見込んで、年収としては約350万円くらいからのスタートとなるようで、塾によっては、年俸制のところもあります。

塾講師の初任給は高めの設定が多いと言いましたが、塾の給与体系や規模によっても異なりますが、比較的なだらかに給料がアップしていくようです。
平均月収が27万円から29万円で平均年収は425万円から450万円と言ったところでしょう。
ただし、社会保険の完備や退職金制度などの待遇が整っている塾も多いので、勤務年数10年以上のベテラン塾講師もたくさん活躍しています。

塾講師は、生徒に勉強を教える仕事だけでなく、主任職や塾長、教室長という管理職もあるので、塾内ので経験を積み責任のあるポストに就いて役職手当を多く得ることで年収アップの期待が持てます。
管理職になると講師としての仕事から多少離れてしまいますが、経営者側の立場となって生徒の動向や受験の傾向などと今までと違った視点で教育に関われるので、やりがいのある仕事が実現するでしょう。
塾長などのポストとなると700万円から1000万円ほどの年収を得ることも夢ではないので、キャリアアップも可能な職業と言えます。